前年比と前年度比

連載シリーズ 【 前年比と前年度比 】 第 3 話 / (全 3 話)

先日も書いたのですが、今年の宅建の試験は
没問(問題に瑕疵があり、その問題は全員正解)により
その没問を間違えていた人が合格するという事態が発生しました。

さて、その没問の間違えというのは・・・

「度」という一文字でした。

「前年比」と書かなければならないところを「前年度比」と問題で書いてしまったことにより、その問題には正解が無くなったというのが理由です。

前年・・・昨年の1月1日~12月31日
前年度・・・任意の昨年の期間のこと。例えば3月末決算の会社であれば、今年(2011年)から見た前年度は2010年の4月1日から2011年の3月31日

つまり、前年度というのは任意の期間になりますから、問題としては確かに不適切です。前年度と書くのであれば、その期間を何年何月何日~何年何月何日を指定しないと解答が無くなります。

しかし、実は同じ間違いを新聞やテレビのニュース等でも良く見かけます。
記事のタイトルでは「××商事、営業利益前年比○%減・・・」と書いてあるのに
記事の内容では「前年度比で営業利益が○%減した。」等ということはよくあります。

それに対する、お詫びの記事や訂正を私は見たことがありません。

つまり、今回の宅建の試験に於いて、
「確かに問題に日本語としての間違いはあるが、それにより、全員を正解にするほどのことではない。」とも思います。

しかし、世の中には私よりも日本語に詳しい人で
この間違いに気が付き、この没問に正答が無いと言うことに
試験中に気が付いた人がいます。

この間違いに気が付くぐらいだから、当然に合格しているかというと
結果は35点(ボーダーライン36点)で不合格だそうです。
この人は、この没問には正答がないのでマークをしなかった。

結果、49問で34点。

没問が全員正解になったので自己採点の結果35点とのことでした。
この問題にかけた時間が20分(試験は50問で120分)だそうです。

言い訳にも聞こえますが、見直す時間があれば、正解にできた問題もあったそうです。
(でも、「あと1点ぐらいなんとか、なんなかったのか!」と言いたい。)

たかが宅建ですが持っているといないでは、大きく影響を与える場合もあります。
自分も、言葉の間違いで人に勘違いを与えることや迷惑を掛けることもあります。
注意しなければならないとよくよく考えさせられた事象でした。

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら

辞めた会社のOB会

以前も書いたかもしれませんが私は、大学を卒業後、15年ほど、ある会社に勤めていました。

その後、別の会社の役員になって独立することになるのですが先週の土曜日にその会社のOB会なるものに参加してきました。

すでに、同期は会社に30%ほどしか残っていませんが辞めた同期に会うことは滅多にありません。

そこで、懐かしい顔を見つけました。

それこそ、その会社に4年ぐらいしか勤めていなかった同期の女性に会うことが出来ました。
お互いに老けた感は否めませんが・・・ガーン

何をしているのかと思えば、自分で設計事務所をやっているとのこと。

昔の彼女は、とても独立する様な感じの人では無かったのですが随分と逞しくなっていました。

私も一応、一級建築士で設計事務所登録をしているのでライバルになるのですが、一緒に仕事ができれば良いなぁと思っています。

というよりも、うちの会社が忙しい時には手伝ってもらおうと思っている次第です。

こちらが彼女の設計事務所のサイトです。
http://space33web.web.fc2.com/index.html

なかなか、仕事のできる人なので(多分)、
特に住宅の設計を依頼したい方は是非、一声かけてみてください。

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら

多忙

昨日は弁護士と3時間程、話をしてきました。
娘に
「パパ、幼稚園お休みなのに、お仕事?」
と言われつつ、出かけることとなりました。

不動産や建築の仕事をしていると弁護士と話さないといけない
場面は、多々あります。
できれば、そうはなりたくないものですが・・・
仕事は時にして、選ばなければなりません。
あと少し頑張らないと!

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら

宅建を妻が受験

連載シリーズ 【 宅建を妻が受験 】 第 2 話 / (全 3 話)

そういえば、今日は宅建の試験日です。
自分は取得してから随分経つので、試験日そのものを知らないことすら多いのですが
今年は、妻が受験しています。

10年ぶり(?)ぐらいの2度目の挑戦らしいです。
まぁ、勉強の仕方ややってる時間を見る限りでは
絶対に受かると思いますが、合否を決めるのは主催者側でしょうから
今は何とも言えません。

しかし、正直言えば、合否よりも何点で受かるかに興味があります。
私は基本的に資格と言うのは、受かれば良くて
多くの点数を取るよりも、ギリギリで受かる方が時間を有効に使うと思うタイプです。
しかし、妻は本気で受けに行くタイプです。
同じく、一級建築士を持っていますが、
受かった年が違うにせよ、私よりもはるかに高い点数で受かっています。
たのしみです。

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら

経営者のブログ

今日はちょっと生意気なことを書きます。

経営者のブログを読んでいて、あることに気が付いたことがあります。
経営者と言うのは、大抵に孤独なものです。

特に創業から間もない時というのは、その苦労を誰かに分かち合えるものではありません。
経営者のブログは・・・

1.誰にも理解してもらえない孤独を誰かに聞いてもらいたい。
2.単に会社の宣伝として経営者のコメントを発したい。
(自分の成功や手法を自慢したい物を含む)

大別すれば、この2種類です。
自分は、この2つを書かないようにと心がけています。

ブログの使い方は人それぞれなので、どの様に活用しても良いと思います。
しかし、私は自分の経験が次に繋がれば良いとは思いますが
自分の孤独感や宣伝をしようとは思いません。

時々、自分自身に言い聞かせることを書きたくもなりますが
それも、堪えて書かないことにしています。

人は経験の積重ねによって進歩すると自分は思っています。
だから、後世に伝える経験を文字にするのは、間違っていないと思います。
そんなブログが書ければ良いと思います

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら

代償 第4腰椎及び第5腰椎横突起骨折

前回の記事で、猫を救助した際に腰を打ったことを書きましたが・・・

1週間以上経つのに、痛みがまったく治らないので病院に行きました。

診察結果は・・・

腸骨稜不全骨折(骨盤にヒビ)

第4腰椎及び第5腰椎横突起骨折

とのことでした。ガーン

もっとも、どうすることのできる場所でもないので、

痛み止めとシップで様子を見るとのことです。

腰が痛い・・・

『Dr.相澤の住宅情報館』の館長のブログ

救助した子猫は至って元気です。

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら

子猫の救出劇

※ 不動産・建築とは一切関係のない記事です。

現在、私は激しい腰痛に悩まされています・・・ガーン

先週の木曜日、東京は朝から激しい雨が降っていました。

午前中、会社でボチボチ仕事を始めると・・・、自称美人女性社員が・・・

「社長、どっかで猫の鳴き声しませんか?」

雨の音もあるのですが、うちの会社は6階です。なかなか、猫の声など聞こえるはずもないのですが・・・、たしかに、微かに猫の鳴き声が聞こえます。

私は、それが子猫の鳴き声だとすぐにわかりました。

私は、17歳の時から、今日に至るまで、10匹以上の猫を飼っていました。家で生まれた子猫もいます。だから、その声が子猫だということはすぐに解りました。

しかし、うちの会社は一応、西新宿です。うちの会社は12階建てですが、道路の反対側には44階建ての高層のオフィスビルもあります。そんな、場所で子猫を探すことなど果てしなく不可能に近いし、仮に探す意味もわかりません。

午後、昼食後・・・まだ、雨は激しく降っていたのですが、やはり、子猫の鳴き声が聞こえました。今度は大人の猫の声も聞こえます。

さすがに私も気になり始めました。

自称美人社員と、自分の会社の建物のあるブロックを探し始めました。

うちの会社のブロックはこんな感じです。

『Dr.相澤の住宅情報館』の館長のブログ

ピンク色の建物が家の会社のビルです。(以下、「うちの会社」)

紫色のビルは飲食店などが入っているビルです。(以下、「紫色のビル」)

水色のビルは6階建てのマンションです。(以下、「水色のマンション」)

緑色は建設予定地で現在は空き地で、雑草が1.2mぐらいの高さで生えています。

グレーの部分はうちの会社のビルの駐車場です。

空き地と駐車場の北側は4m道路です。

青梅街道から、ぐるっと1周回ってみたのですが、猫らしき姿は見えませんでした。

あきらめて、6階に戻ったのですが、エレベーターを降りたとき、ふっと外階段に出てみました。

すると、紫色のビルと水色のマンションの間(約50cmぐらいの幅)を猫が歩いています。その猫を目で追いかけていくと、うちの会社と水色のマンションの間にその猫は入っていきます。

よく見てみると、うちの会社と水色のマンションの隙間の中間点に直径20センチぐらいの穴(直径はあとでわかります。)があり、その穴を猫が覗き込んでいます。

その時点で私には大体の事態が解りました。

その穴に子猫が落ちて、出られないのを親猫が見ているのです。

道路から、私の会社と水色のマンションの間には行けません。(水色のマンションと紫のビルの間には露出の配管があり、猫は通れても人間は通れません。)

うちの会社と、水色のマンションの間には2m20センチぐらいのフェンスがあります。

そのフェンスの上に、紫色のビルの非常階段から出られました。

そのフェンスの上を両側のビルを手で押さえながら、綱渡りの様にして行くことができました。私の目線から、地上までは4mぐらいの高さです。

その穴に着いたときには既に私は全身、ずぶ濡れでした。(スーツどろどろです。)

フェンスをゆっくり降りてみると、その穴は水色のマンションの汚水枡(トイレの水が流れる配管の点検口)でした。

そこから、確かに子猫の鳴き声は聞こえますが姿は見えません。

その時、うちの会社のビルの2階から、

「子猫ちゃん、助けに来てくれた人がいるよ!」

という声が聞こえました。うちの会社のビルの2階には保育所があります。その保母さんの声でした。

「助けたいけど、姿が見えないんですよ」

私は、とりあえず、道具もないので撤収しました。そして、保育所に行き、いつから鳴いているかなどを聞きました。保母さんは午前7時半には来ているそうなのですが、その時には既に鳴いていた。とのことでした。

そして、うちの会社のビルの管理人さんもそのことを知っているとのことでした。

実は、このフェンスは管理人室の窓の目の前にあります。

自分たちだけでは助けられない・・・

そう、思った私は、119番通報をしました。以前、崖の上に取り残された野良犬を消防隊のレスキューが助けたニュースを思い出したからです。しかし、来てくれるかは電話をするまでは半信半疑でした。

しかし、新宿消防署の分隊が程なくしてやってきました。

見るからにプロという人たちです。

状況を説明して、消防隊をその汚水枡まで案内しました。消防隊の一人が

「相澤さんは、危ないので戻ってください。」

と言われ、私が自分の会社のビルに戻ろうとしたとき、私はフェンスから転落し、腰と左の脇を強打しました。その痛みが未だに残っています。

消防隊は他の汚水枡も蓋を開けて、ライトを照らしたり、ホースを突っ込んだり、色々したのですが結局、子猫の姿どころか、鳴き声も確認できませんでした。

うちの自称美人社員が、ネットで調べて、自力で出られる様にタオルをぶら下げることを提案しました。

結局、2時間ぐらい、格闘して撤収することになりました。ただ、タオルはぶら下げておきました。それと、私の経験から、子猫が何も食べないで生きられるのは僅かな時間だから、せめてと思い、缶詰のえさをコンビにで買ってきて、紐でつるしておきました。

「助けられなくて悔しいです。でも、鳴き声が聞こえたらまた、すぐに呼んでください。」

と言って消防隊の隊長は私に名刺を残していきました。

金曜日も気にはなっていたのですが、子猫の鳴き声は聞こえません。自力で出られたのかな・・・と思っていたら、保母さんから、電話で

「鳴き声は聞こえないけど、親猫が来ています。」

との、報告。しかし、子猫の鳴き声がしないのでは位置が確認できません。結局、金曜日はなにもできませんでした。

土曜日、日曜日は休みなので会社には行きませんが、当然気にはなります。しかし、この暑さです。自力で出られなければ、無理だろうな・・・と思っていました。

月曜日・・・

保母さんから、電話です。

「また、鳴き声がします!親猫はいませんが・・・」

私は、痛い腰でビッコを引く様な状態ですが、再び、フェンスの上を伝い、汚水枡のところまで行きました。たしかに鳴いています。しかし、親猫の姿はもう、ありません。

しかも、木曜日よりも、その声は近くに聞こえました。

すぐに、消防隊に連絡すると、別の分隊ですがすぐにやってきてくれました。

再び、枡からホースを突っ込むと、今度は猫の姿が確認できました。

隊長は20センチないぐらいの子猫です。しかし、消防隊が手を突っ込むと、水色のマンション側(つまり、マンションのトイレに向かって)に入ってしまいました。

こうなると、押し出すことはできないので、待つしかありません。

すると、待つこと1時間、子猫が顔を出しました。

今度は私が手を突っ込むと、頭は触れましたが、あと少しですが指が掛かりません。子猫はそのまま、配管の奥に入ってしまいました。

位置を確認するために汚水枡に携帯のカメラで内部を撮影しようとしました。

(綺麗なものではないですが、その時の写真です。)

『Dr.相澤の住宅情報館』の館長のブログ

子猫の姿を捕らえる事はできませんでえした。

そして、子猫を配管に向かって呼び続けました。

待つこと3時間、子猫の鳴き声は聞こえなくなりました。

さらに待ったのですが、姿は見えない。声も聞こえない。猛暑と激しい悪臭の漂う中、また、私などは素手で汚水の中に手を入れている状況(手は汚物でどろどろです。)ですから、その衛生状態を考えて、消防隊の隊長は撤収を言いました。

あと少し、あと少しで助けられたのに・・・

悔しくて、辛くて、子猫の声が耳について、殆ど寝ることができませんでした。

「自分が諦めたら、助からない・・・」

私は、その夜、インターネットで、同じ様に汚水枡に落っこちて助け出された事例が無いかを調べました。

ありました。

2002年に富山市、昨年は徳島市で助け出されたとあります。

火曜日・・・

私は家を出るときに保育所に電話をしました。

「鳴き声、聞こえますよ!」

会社に向かいながら、私は富山市と徳島市にどうやって助け出したかを聞きました。

富山市はファイバースコープ(CCDカメラ)を使って、徳島市は動物捕獲機?なるものを使って助け出したと言います。

電車に乗りながら、新宿消防署にファイバースコープはあるかもしれないが・・・動物捕獲機はないだろうなど考えながら行きました。

この日は、前日の反省から、ビニール手袋を用意しました。

保育所の窓から、穴を見ると、確かに鳴き声は聞こえます。

ただ、位置が確認できないと、前日と同じことになると思い、一人で汚水枡の位置に行きました。

意外に声が近くに感じます。

ビニール手袋をして手を突っ込んでみました。

ちなみに、手を突っ込むことはできますが、手を入れると、自分の手が邪魔で中が見えません。

すると、手首のあたりに何かが動きました。

な・・・なんと、私の洋服を伝って、子猫が出てきたのです。

子猫はよちよち歩きながら、北側の空き地に逃げていきました。

私は汚水枡から手を抜いて、再び、フェンスの上に登り、北側の空き地で、子猫を捕獲しました。

汚物まみれで、物凄く汚いですが、目はしっかり開いています。

私はその汚物まみれの子猫を胸に抱きかかえ、自分の会社につれて行きました。

自称美人社員にペットショップでシャンプー等を買ってきてもらい、何度も何度も子猫を洗いました。

ノミや耳ダニの心配はなさそうですが、なにがあるかわかりません。

会社の近くの動物病院に連れて行きました。

体重は350グラム、おそらく生後6週間。特に病気も無さそうとのことでした。

それがこの子です。

『Dr.相澤の住宅情報館』の館長のブログ

うちの自称美人社員が鳴き声に気がついたから助かった子です。

保育所の保母さん、管理人さん、本当にご協力、ありがとうございました。

富山市消防本部の方、徳島市役所の方、徳島消防本部の方、色々、教えていただき、本当に感謝しております。

そして、何よりも、あの猛暑と悪臭の中、この子を助けるために来てくださった、新宿消防隊西新宿出張所の皆さん、本当に本当にありがとうございました。

長々と駄文・・・すいません。

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら

ネガティブな性格

日曜日ぐらいから、喉が痛いです。カゼ

月曜日に病院に行こうと思ったけど、

忙しくて行けず。昨日も朝から出っ放しで行けず。

そのうちに治るかなと思っていたのですが

むしろ、酷くなってきました。

2週ほど前から、風邪気味だったのですが

そろそろ、治ってきたかなと思っていたら

日曜日から喉だけ痛くなり、しかも、左側だけ・・・

唾や物を飲み込むと喉と左耳が痛い・・・

今日も忙しいですが、午前中のうちに耳鼻咽喉科に

行って来ます。

どうも、自分はネガティブな性格です。

いつも、悪い方の事態を考えてしまいます。

仕事の場合は、その方が良いことも多々あります。

(とは言っても、それがすごくストレスになるのですが・・・)

しかし、体調となるとなおさらです。

もともと、子供の頃から病気がちだったこともあるのですが・・・

朝5時に目が覚めて、

「咽頭がんだったら・・・」

と思い始めたら眠れなくなりました。

(普段は8時過ぎに起きます。)

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら

会社のHPをリニューアル

会社のHPをリニューアルしました。

本当はプロに依頼した方がいいんでしょうけど、自分で作ってみました。

(前のも自作なんですが・・・)

たかだか、HPと思うと、どうしてもお金を払ってまで作って貰う気になれなくて・・・。人が出来るんだから、自分でもと思って、いざやってみると、なかなか上手くできないものです。

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら

眩暈

この1ヶ月間、めまいで苦しんでいます。

耳鼻科にも何軒か行き、検査もしてもらっていますが

出てくるのは、古風な薬ばかりで、一向に回復する気配がありません。

ついに意を決して、大学病院で診てもらっています。

どんな感じかというと、上を向いたり、

あおむけに寝たり、寝ていて寝返りを打ったりすると

頭の中がぐるんと一回するような感じがします。

また、起きていると常に乗り物酔いをしている感じで、吐き気と戦っています。

こんな調子ですから、なにもする気がしないのが現状です。

その間に、エビは調子が悪くなり、リセットしなければと思いつつも

後手にまわり、半分ぐらいが落ちてしまいました。

株式会社リデベはプロも御用達の不動産・建築の総合コンサル会社です。
店舗物件、テナント賃貸、投資、空家対策、開発、地上げ等、貴方の問題を解決します。
まずは1本、お電話ください。些細な疑問にも答えます。プロ、アマ、一般の方、すべて歓迎。
無料電話相談
03-5389-6082
(営業時間:平日10時~18時30分)
・無料メール相談はこちら
・弊社サービス概要はこちら
カンタン見積もりシステム
株式会社リデベのカンタン見積もりシステムは、お見積り内容を細かく選択でき、 簡単にお見積り作成・送信ができます。
金額の参考にもご利用ください。